B型肝炎と肝臓ガン

肝臓にウィルスが侵入することによって発症する病気に、B型肝炎というものがあります。
このB型肝炎は輸血や注射針の使い回しによって感染したという例が多く見られており、国家的な訴訟になったことでも有名です。
実際にこのB型肝炎というのは将来的に細胞の設計図に傷をつけ、肝臓がんを引き起こす原因になることでも知られています。


肝臓がんの原因というと、多くの人が想像するのはアルコールの摂取でしょう。
しかし、実際にアルコールの摂取が原因となっている例は全体の10パーセントにも届きません。
肝臓がんの原因の八割がB型、およびC型の肝炎であることが知られています。


では、皆さんはB型肝炎にかかっていないでしょうか?症状が出ていないとしても、ウィルスを保有している可能性はあります。
輸血や使い回した注射針を利用したことがない人でも、複数の感染経路を考える事ができます。
例えば刺青の針を使いまわすことでも感染のおそれがありますし、HIVなどと同じように性行為によって感染する可能性もあります。
これらの経験がなくとも、母子感染が存在しているために母親がキャリアであれば感染の可能性が誰にでもあるのです。


B型肝炎に関する医療というのは飛躍的に進歩しています。
かつては人によって効果の違い科おおきいインターフェロンという薬が軸でしたが、現在ではより広く効果のある薬が開発されています。
問題は、自分がキャリアであるかどうかを知ることです。
そこでここでは、B型肝炎の検査について紹介します。


▼管理人推奨リンク
B型肝炎にかかってしまった方に給付金支給のアドバイスをしている専門家のサイトです → B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎の検査の流れ All Rights Reserved.